返済が滞っていたことで時効中断となり時効が主張できず個人破産した事例

自営業
独身
50歳代
 
数年前から返済を滞っていたため、時効を主張する方法もありましたが、訴訟や支払い督促による時効中断の有無を弁護士に調べてもらい、時効が主張できないとわかったため、破産しました。事業に関する借入はなく、事業継続には支障がありませんでした。無事免責がおり、生活も安定しています。


ImgTop22.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■相談の流れ
■自己破産 ■任意整理 ■過払い金 ■個人再生 ■アクセス

債務整理・借金問題・法人破産・金融被害に関する法律相談は無料です。

   

Contents Menu

事務所概要

アクセスはこちら

アクセスマップ対応エリア