• HOME
  • 解決事例(個人)
  • 借金総額が多かったが、奨学金の保証人に迷惑をかけないため任意整理を選択し、支払期間を7年にして支払月額を低く抑えた事例

任意整理の例 借金総額が多かったが、奨学金の保証人に迷惑をかけないため任意整理を選択し、

支払期間を7年にして支払月額を低く抑えた事例

依頼者プロフィール

年代 30歳代
性別 男
家族構成 未婚
職業  会社員
負債総額 約330万円
債権者数 4社

任意整理にした理由として
  奨学金の保証人に親になってもらっており、破産・個人再生をすると、奨学金も手続きの対象となり、親に請求が行って迷惑をかけるので、任意整理にして、奨学金は、これまで通り支払いを続けた。
また、収入に余裕があり、任意整理でも十分返済が可能であった。
 
相談時の状況、相談のきっかけ
  アパレル関係の会社に勤務しており、仕事上の必要性から、やむを得ず洋服を買って、出費が増えた。

朝雲法律事務所を選んだ理由
  場所、アクセスの良さ

解決までの手順

 平成■年8月に受任後、ただちに受任通知を送付し、各債権者への支払いを当面ストップしてよい状態にして、自転車操業だった家計のサイクルを正常に戻した。
 その後、9月頃、各社に和解案を提案。

その後、各社と電話で交渉し、おおむね当方の和解案に応じてもらい、和解が成立した。
その後、和解書(支払総額、支払月額、支払い開始時期、支払回数など、債権者と合意した内容を記載して、弁護士、依頼者の方、債権者が記名、押印した書面)の取り交しを順次進めていった。
1社が10月、2社が11月、残り1社が翌年の1月から支払い開始した。
 

弁護士が見た事案解決のポイント

 ① 4社で総額330万円の借金のほか奨学金の借入もあり、金額からすれば、個人再生で一部免除を得るのが適切であったが、そうなると、奨学金の保証人である親に請求が行き、迷惑をかけるので、任意整理をすることにした。

 ② 借金総額が多いので、支払月額をなるべく抑えるため、各社に7年払いの提案をした。うち3社には応じてもらい、1社も7年は無理だったが、5年払いとなった。

  その結果、支払月額が4万2000円に抑えられた。仮に4社とも3年払いだと支払月額が9万3000円、4社とも5年払いだと支払月額5万6000円となるので、これらに比べると、支払月額がかなり低く抑えられた。


ImgTop22.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■相談の流れ
■自己破産 ■任意整理 ■過払い金 ■個人再生 ■アクセス

債務整理・借金問題・法人破産・金融被害に関する法律相談は無料です。

   

Contents Menu

事務所概要

アクセスはこちら

アクセスマップ対応エリア